さまざまな福祉活動

さまざまな福祉活動について

福祉ボランティアの種類について

福祉ボランティアには、大まかに分けて2つの種類があります。その大きな違いは当事者の方と触れ合うか、触れ合わないかです。当事者の方と触れ合う場合、児童養護施設や介護施設に出向き、そこで当事者さんたちのお世話のお手伝いをしたり、楽器の演奏や劇をしたりします。当事者の方と触れ合わない場合は、募金やイベントの参加です。募金であれば街頭に立って募金の呼びかけをしたり、チャリティイベントであれば、そのイベントスタッフを行います。このように、福祉ボランティアには大まかに2種類あります。当事者の方を触れ合うことなく役に立てることもあるのです。

ボランティアで気をつけたいこと

福祉のボランティアをする時には、お世話する相手を下に見ないようにしましょう。お世話する人という考え方で見てしまうと、相手の人格を損ねてしまう可能性があります。例えば、認知症で介護が必要になった方に対してかわいそうな人、と見てしまうのはNGです。かわいそうな人ではなく、あくまでも人格を持った一人の人間として扱うことが大切です。福祉の業界では色々な決まりごとがありますが、それははっきり口に出して決まっていないこともあります。暗黙のルールが多いので、それも察してボランティアに参加するようにしましょう。

ボランティアに関する情報

↑PAGE TOP