福祉活動がもつ意義

福祉活動がもつ意義とは

福祉ボランティアの意義

現在、具体的には定まっていないけれど、なにか人の役に立つようなことがしたいと考えている方は少なくないかと思います。多くの人の幸せのための活動として、福祉ボランティアが広まっています。その意義として、様々な内容が挙げられますが、何より障害を持つ方や高齢者、妊婦さんなど、社会的に弱い立場にあったり不自由をしている方々が、福祉ボランティアの支援によって支障なく日常を過ごせるようになるということです。日常の些細な問題でも、そういった方々にとっては大きな負担になる可能性が高いです。その負担を取り除く手伝いとして、大きな意義を持つと言えるでしょう。

福祉施設でのボランティア

福祉に関心があり、将来は関係する仕事をしたいと考えている学生が増えています。福祉関係の仕事といっても、ジャンルは様々で役所での仕事もありますし、施設での支援員という仕事もあります。まずは自分がどの分野での仕事をしたいと考えているのかを、一度整理して、仕事内容の具体像を描いてみます。現場での仕事なのかデスクワークなのか。おぼろげにでもイメージが出来てきたら、実際にボランティアとして相手と関わってみることです。イメージとは違う一面を経験することで、よりはっきりと自分のしたい仕事のありようが見えてくることがあるのです。

ボランティアに関する情報

↑PAGE TOP