福祉活動をする理由

福祉活動をする理由について

福祉ボランティアの志望理由

福祉の現場でのボランティア活動は、どのようなものでも、とても素晴らしいことです。プロフェッショナルの方は絶対に必要な存在ではありますが、素人の方の手助けも、忙しい現場では、貴重で助かるものだと思われます。またその活動から得た意見を現場で働く方に伝えるのも大事なことです。プロフェッショナルではなく一般の方だからこそ、気がつくという面もあると思われるからです。たとえボランティア活動をする志望理由が、他の人に認められたいなど、少々不純なものだったとしても、実際に福祉の現場に身をおくこと自体が、非常に貴重な経験となるでしょう。ですが、その貴重で大変に助かる活動がより良いものになるためには、プロの方、手助けをされたい方、実際に助けを必要とされる方、皆さんが十分にコミュニケーション出来る環境も大切です。

対等な立場に立つボランティアを

福祉ボランティアというと、相手の状態を考えずに張り切って行動してしまう人もいます。行う内容は様々ですが、何気ない行動や言動が相手を傷つけてしまわないかを、常に考えて行動することが必要です。例えば、脳卒中で手が動かなくなった人に対して「いつか元気になる」などと安易な言葉を発してはいけません。こちらは福祉の立場から元気付けようとして言った言葉でも、相手を傷つけてしまうことはあります。余計なことはいわずに、その人のありのままの姿を受け入れることが大切です。あまりにも張り切りすぎて、相手を傷つけないようにしましょう。

ボランティアに関する情報

↑PAGE TOP